サービス案内service

学校給食

子どもたちのおいしい笑顔と未来のために

成⻑段階の⼦どもたちに提供する給⾷は、特に厳格な衛⽣管理が求められます。
そのため、HACCPに基づいた衛⽣管理と学校給食衛生管理基準を始めとするマニュアルを遵守しています。

増加傾向にあるアレルギーにも対応するため、学校や教育委員会と連携を強化して調理提供しています。

給食の時間は子どもたちの「元気の源」

⾷空間によるコミュニケーション活性化

昼の給食の時間は、児童・生徒にとって学校生活の中で一日の節目となる時間であり、午前中の学習をはじめさまざまな緊張から解放され、気分転換を図ったり、午後に向けて活力を生み出したりすることのできる時間でもあります。
また、「食べる」という人間にとって基本的な欲求を満たす時間でもあり、みんなで⼀緒に楽しく「食べる」体験を通じて望ましい食習慣を身につけ、好ましい人間関係を育てる場となっています。当社では従業員一人ひとりが常に、児童・生徒を自分の子どもとしておもい、学校給食を大切な子どもたちへの教育の⼀環と捉え、調理にあたっています。

子どもたちに笑顔で「ごちそうさま」「おいしかった」と⾔ってもらう。その喜びのために私たちは最大限の努力をしています。

「安全・安心」「おいしい」「たのしい」給食をめざし、豊かな学校⽣活や望ましい食習慣の育成を推進しています。児童・⽣徒の食育活動に貢献できるよう、学校や地域とともに取り組みます。

積極的な「コミュニケーション」で楽しい給食をお手伝い

子どもたちは、家庭生活とともに学校での食体験を通して、健やかに心身を成⻑させています。近年、食育に対する意識の高まりもあり、ニーズも多様化。子どもたちが残さずおいしく食べられるよう当社の栄養士や調理師は、児童・生徒や学校職員と積極的にコミュニケーションをとることを心がけています。

最も⾝近な専門家として、その日のメニューについて語り合ったり、給食についての疑問に答えたりするなどのお⼿伝いができると考えています。地産地消の取り組みやイベント給食でも楽しく豊かな給食にしていきます。

「食育」を通じ作り手と食材に感謝の心

子どもたちが食に関する正しい知識と望ましい食習慣を身に付けることができるよう、学校においても積極的に食育に取り組んでいくことが重要となっています。学校の給食は、年間約200回以上あり、まさに1年間の3分の2は、学校給食で昼食を食べていることになり、先生や友達と皆で食事をするいい機会になっています。

先生は授業の一環として、学校給食に使われている食材について、産地や栽培の仕方、栄養素を教えます。子どもたちはその食材を作ってくれた農家、または食材そのものに対して感謝をして、「いただきます」「ごちそうさまでした」と自分の気持ちを伝えます。こうした食育活動の支援・協力に当社は取り組み、健やかな成長をサポートします。学校給食は食を通じた総合学習の場であると認識し、楽しい時間を提供することを心掛けています。

自ら選択し「生きる力」を育てるイベント給食

学校での給食は生涯心に残るもの。だからこそ「楽しい給食」が⼤切というおもいから、バイキングやセレクトメニュー、⾏事食といった、⼦どもたちが楽しめるいきいきとした食事環境をご提供しています。バイキングは栄養のバランスが取れ,⾃分の体にあった分量の食事を⾃分で選択する⼒,食事の⾯での「⾃⼰健康管理能⼒」を育成することもできます。セレクトメニューは献⽴のうち、主食、主菜、デザート、飲料などを⾃分で選択するだけでなく、栄養計算を体験します。
さらに、親⼦給食や交流給食、ふれあい給食などを通して、当社の従業員も参加し、児童・⽣徒や学校職員とコミュニケーションを図り、家庭や地域との交流も深めています。

⾷育活動

親子料理教室

⾷育活動

厨房探検

「地産地消」で伝統と地域を重んじる人間に

地産地消

地産地消とは、地域生産・地域消費の略で、読んで字のごとく地元で⽣産されたものを地元で消費するという意味です。消費者の安全・安⼼志向の⾼まりと地元⽣産者を結びつけることができるものです。学校給食を通じて旬な食材を新鮮なうちに消費する、地域の伝統的食⽂化を継承する、地域経済の活性化や地域への愛着につなげるなど⼦どもたちにとっては「⽣きた教材」そのものです。

当社は学校の「食」を⽀える委託会社として各⾃治体と協⼒し、地域でとれた食材や特産品を使⽤する地産地消に取り組んでいます。季節感を深め、各地の食⽂化を尊重し、郷⼟料理も積極的に提案しています。

PFI事業/指定管理事業に豊富な取り組み

地産地消

創業以来、衛⽣管理と安全安⼼な運営で業界をリードしてきた実績から、⺠間の資⾦とノウハウを活⽤して公共事業に取り組む中央官庁のPFI 事業に取り組んでいます。これまで国や⾃治体などが直営してきた教育委員会が所轄する宿泊施設で指定管理者となっています。また、関連会社の⽇本国⺠食は給食調理業務の受託やPFI法に基づく学校給食センターの整備運営事業を⼿掛けています。当社ならではのシステムで運営し、より効率的で充実した食環境づくりを⽬指します。

導⼊事例

Comming Soon