学校給食事業

子ども達をおいしい笑顔に導き、
食育への意識を高める

子ども達の健康のため、厳格な衛生管理とスムーズな連携を強化

成長段階の子ども達に提供する給食は、特に厳格な衛生管理が求められます。そのため、HACCPに基づいた衛生管理と学校給食衛生管理基準を始めとするマニュアルを遵守しています。増加傾向にあるアレルギーにも対応するため、連携を強化して調理提供しています。

小学校・中学校

「安全・安心」「おいしい」「楽しい」給食をめざし、豊かな学校生活や望ましい食習慣の育成を推進しています。児童・生徒の食育活動に貢献できるよう、学校や地域とともに取り組みます。

保育園・幼稚園

子ども達が生きていく上で正しい食習慣や人間関係を構築できるような環境づくりを徹底しています。食べやすさやおいしさに配慮した調理法や切り方、味付け、温度等に工夫をしながら残食のない給食に取り組みます。

健康と成長を見据え、残さずおいしく食べられるメニュー

子ども達は、家庭生活とともに保育園や学校での食体験をとおして健やかな心身の成長を図っています。近年、食育に対する意識の高まりもあり、ニーズも多様化。子ども達が残さずおいしく食べられるメニューを提供するのはもちろん、地産地消の取り組みやイベント食でも楽しく豊かな給食にしていきます。

学校給食の委託導入時の流れ
導入までの流れ
こちらのサービスに対するお問い合わせはこちら