採用情報

鈴木 創(すずき はじめ)

カフェテリア事業
オフィス食堂勤務/総合職
平成21年入社

チームワークを発揮し、
リピートにつながる宴会を提案

ある1日のスケジュール

オフィス食堂勤務

8:30 出社。メールチェック
9:00 休憩。軽く朝食をとる
9:30 朝礼
9:40 ランチの盛り付け開始
11:00 専用HPにメニューアップ
11:30 食堂オープン。利用者に食事を提供する
13:30 片付け、売上の集計
15:00 昼休憩。スタッフとともに食事
16:00 お客様と宴会打合せ、調理長とメニューの相談
17:30 退社

現在の仕事を教えてください。

大手建設会社のオフィス食堂で、マネージャー補佐をしています。そこでは、お客様の施設内専用のホームページがあり、毎日のメニューのアップやイベントの告知。宴会の予約状況の更新作業を行っています。私が働く食堂は、ランチだけでも600~700食程提供する、大規模な社員食堂です。夜は宴会会場、お酒が飲めるラウンジとしても、ご利用いただいています。オフィス内のさまざまな部署にケータリングをすることもあり、ランチだけでなく、オードブルやお酒のおつまみなど、数多く対応しています。ランチタイムは行列ができることもありますし、夜の宴会があることも。私もオードブルの盛り付け、サンドイッチ作りなど、調理の手伝い、接客も行います。そのため、16人いるスタッフが連携をはかり、スケジュールをこなさなくてはなりません。チームワークを発揮し、料理の追加情報を共有するなど、利用者の待ち時間を少なくすることや温かい料理は温かく、冷たいものは冷たく提供できるよう心がけています。

仕事のうえでのやりがいは何ですか?

事務・調理や接客のほか、宴会で提供する料理内容の打ち合わせを任されています。入社式や400人規模の大型宴会を受注することもあります。宴会の受注では、客層や利用目的、予算を伺い、調理長にメニューの相談をします。20歳代の方が多ければボリュームのある料理内容にするなど、お客様のニーズに合わせた最適な提案をしていきます。提案内容によっては、予算を上回る注文をいただけることもあり、売上を伸ばすチャンスになります。お客様から「また利用させてもらいます」「おいしかったです」という言葉をかけていただき、リピートにつながったときは、よりうれしさが増し、やりがいとなりました。今後はマネージャーをめざし、将来はニッコクトラストを背負っていけるような存在になりたいです。

ニッコクトラストが大切にしていることは?

私が働いている食堂は、たいへん忙しい現場です。メリハリのある現場づくりが重要であり、休憩中はみんなで楽しくコミュニケーションをとるなど、チームワークを大切にしています。このチームワークが、お客様に喜んでもらえる一端を担っていると思います。ニッコクトラストには、腕のよい調理師がたくさんいます。宴会も多く、同じ価格のオードブルでも、常にメニューや盛り付けに変化があり、感動することもあります。調理長は、私たち従業員を引っ張るリーダーとして、やるべきことの指示が明確で、厨房に入ると目の色が変わるほど、真剣そのものです。マネージャーからの依頼に対し、すぐに実行する行動力もあり、調理だけでなく、接客についても教えていただくなど、メリハリをつけた仕事をしている点も見習っていきたいと思います。

休日は何をしていますか?

友人と好きなバンドのライブに行くなど、仕事内容とは全く違う世界を楽しんでいます。先日も連休を使って、野外のロックフェスに行き、盛り上がってきました。好きなことをして楽しむと、リフレッシュできますね。

食べ歩きはしますか?

ジャンルを問わず、興味を引かれたカフェやバルに足を運びます。料理が運ばれてくると、盛り付けや付け合せをつい見てしまいますね(笑)。

ニッコクトラストに入社を考える皆さんへ

ぜひ、食に関する興味を持ってください!飲食店で働いてみると、いろいろな視点で食を考えるきっかけになります。私自身、学生時代に回転寿司店で働いていた経験があり、お客様への声のかけ方など、基本的なことを学びました。気持ちのよい接客の基本は、あいさつです。元気のよいあいさつは、好印象につながります。当時の経験が、今の仕事に生かされていると思うことが多くありますよ。